2014年10月14日
ネットワークカメラシステム 事務所、駐車場設置施工例UP

事務所、駐車場ネットワークカメラ設置施工事完了しました。

今回導入させていただいたの機器は、ネットワークカメラシステムです。
そこで今回は、弊社ネットワークシステムについて簡単にご説明したいと思います。

弊社ネットワークカメラシステムは、IPネットワークをベースにして、
スタンドアローンNVR録画機PoEハブ
そしてPoE対応メガピクセルネットワークカメラにより構築されます。
映像信号はすべてデジタル信号で、NVR録画機のハードディスクに保存されます。
デジタル信号なので映像の劣化が起こりません。

スタンドアローンNVR録画機は、4,8,16,24チャンネルと設置目的に合わせて
選定することができます。カメラと同一のネットワーク内にあることで、検索によりネットワークカメラを検出し登録することができます。そして、内蔵のハードディスクにカメラの映像を保存します。スタンドアローンNVRは、直接液晶モニターを接続することによりマウスで設定操作、録画再生操作等ができます。
専用のパソコンは必要ありません。しかし、同一ネットワーク内に存在するパソコンからもNVRにログインしてさまざまな操作を行うこともできます。
またNVR自体にネットワークへの接続機能があるので、ポート解放等の設定を行うことで、インターネットを介して遠隔地よりパソコンスマートフォンタブレットなどで映像の監視を行うことができます。

PoEハブは、4,8,16ポートがあり、設置カメラ台数に合わせてお選びいただけます。
もちろんカメラへ給電もしますので、LANケーブル1本だけのカメラ配線で運用できます。

メガピクセルネットワークカメラは、100万画素の高画質で、もちろんPoE給電対応で、LANケーブル1本で映像及び電源を伝送できます。
ネットワークカメラを導入するメリットとして一番大きいのは、やはりアナログカメラとは比較にならない映像の画質の高さに尽きると思います。監視する場所、対象等によりますが、より細かなところまでの監視が必要な場合は、絶対的に効果を発揮する機器システムです。
 詳しいことは、是非施工例のページをご覧ください。
ネットワークカメラシステム構成例01

カテゴリー: 営業日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です